北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

親子の新しい暮らし方!二世帯マンションのメリット・デメリットとは

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/10/23

親子で二世帯住宅の購入を検討している人は、一軒家はもちろん、マンションでの二世帯暮らしを選択肢に入れるのもおすすめです。二世帯マンションにはさまざまなスタイルがあるため、自分たちに合った暮らし方を選択できます。今回は、二世帯マンションのメリット・デメリットや選び方などを紹介します。

親子の新しい共同生活!二世帯マンションとは

二世帯住宅と聞くと多くの人が一軒家を考えがちですが、近年ではマンションで二世帯を実現した二世帯マンションを購入する人が増えています。一軒家の二世帯住宅では、1階・2階に分けて2世帯が同居するケースが一般的ですが、二世帯マンションには3つの選択肢があります。

二世帯マンションの具体的な種類分けは、以下の通りです。

部屋を連結して同居する

隣同士の部屋を購入して連結し、内部で行き来できるドアを設置するなどして同居する方法です。基本的にはそれぞれの部屋をそれぞれの世帯が使いますが、連結している分、密接に関わることが可能です。

部屋を連結せず隣で暮らす

隣同士の部屋を購入し、内部を連結せずにそれぞれの部屋に暮らす方法です。隣に住んではいるものの別世帯として部屋を確保できているため、部屋を連結する方法と比較すると適度な距離感を保てます

同じマンション内で暮らす

同じマンション内ではあるものの、隣同士ではない部屋をそれぞれ購入して暮らす方法です。二世帯マンションのなかでも世帯ごとの独立性が高くなるため、プライベートを守りながら助け合うことが可能です

親子の新しいあり方?二世帯マンションのメリット・デメリット

二世帯マンションで暮らすことにはさまざまなメリットがある一方、いくつかのデメリットもあります。以下では、二世帯マンションのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット1:親子間で助け合いができる

日々の生活のなかで、親子間での協力がしやすいのは非常に大きなメリットです。たとえば親世帯では、病気やケガをしたときはもちろん、荷物が重い買い物などを手伝ってもらうことが可能です。

また、子育てをしながら働く人にとって、親世帯に子どもを預けやすいのはうれしいポイントです

メリット2:資金面において購入しやすくなる

二世帯住宅を一軒家で建てようと思うと、建設費用はもちろん、広い土地も必要です。とくに、都心部においては土地と建物の費用を合わせると莫大な金額となるため、親子名義での住宅ローンであっても審査に落ちてしまうケースも珍しくありません。

対して、二世帯マンションは一軒家での二世帯住宅と比べると購入しやすい価格帯であり、住宅ローン審査にも通りやすいです

メリット3:二世帯住宅の中でも適度な距離感がある

二世帯マンションには隣同士で暮らさないパターンもあります。同じマンションで生活しながらプライベートは守れるため、一軒家の二世帯住宅と比較するとお互いの距離感を保ちながら過ごせるでしょう。

デメリット1:費用が嵩む場合もある

マンションのグレードによっては、一軒家の二世帯住宅を購入するよりもかえって費用が高くなってしまう可能性もあります。また、中古マンションを購入してリフォームする場合なども、トータルの費用が高額になりやすいため注意しましょう

デメリット2:どちらかの世帯が生活に馴染めない可能性もある

親子世帯のどちらかが地方住みであった場合、都心部のマンションに引っ越すと生活が180度変わってしまいます。二世帯マンションに引っ越してもどちらかが不自由な思いをしては意味がないため、両世帯が快適に過ごせるかどうかをじっくりと話し合い、検討しましょう

親子関係を強化する!二世帯マンションの選び方

二世帯マンションには複数の種類があります。どのようにマンションを選ぶかは、希望する暮らし方やそれぞれの世帯の考え方を十分にすり合わせることが必要です。

二世帯マンション選びの鍵となるのは、空間の分け方です。お互いが完全分離型の二世帯暮らしを望んでいるのであれば、隣同士にこだわらずに同じマンション内に暮らすのみにとどめるのがよいでしょう。

また、助け合いや連携を密にしたい場合には、隣同士の部屋で暮らすのも選択肢のひとつです。さらに、部屋を連結して内部で行き来できるようにする二世帯暮らしは、設計的には可能であっても、共用部分に工事が必要となることから受け入れしていないケースも少なくありません。

内部の連結を希望する場合には、あらかじめ対応可能であるかどうかをチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、親子で暮らす二世帯マンションについて、メリット・デメリットや選び方などを詳しく解説しました。二世帯マンションは親子間での助け合いができる点はもちろん、一軒家と比較すると購入しやすい価格帯であり、さらに、親子にとってベストな距離感を考えて暮らし方を選択できる点がメリットです。デメリットとして挙げられるのは、購入するマンションによっては費用が嵩む点や、引っ越す場所によってはどちらか一方が生活に馴染めない可能性がある点です。二世帯間で理想とする暮らし方や距離感についてしっかりと話し合い、お互いが快適に暮らせるスタイルを探しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

親子で二世帯住宅の購入を検討している人は、一軒家はもちろん、マンションでの二世帯暮らしを選択肢に入れるのもおすすめです。二世帯マンションにはさまざまなスタイルがあるため、自分たちに合った暮ら
続きを読む
ひとり暮らしの住まいとして多くの人がイメージするのは賃貸アパートですが、近年ではマンションを購入する人が増えています。マンションの購入には、賃貸アパートにはないメリットが数多くあります。今回
続きを読む
賃貸で毎月家賃を払うより、分譲マンションを購入した方が、毎月の支払いが安く収まると考えている人も多いのではないでしょうか?近年では、新築マンションを中心に価格が高騰しており、中古マンションが
続きを読む
新築分譲マンションコラム