北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

分譲マンションによくあるバルコニーとベランダって何が違うの?

公開日:2023/08/15  

考える女性

分譲マンションの物件を探していると、外部空間にはさまざまな表記があることに気づくかもしれません。よく聞くものとしてバルコニーとベランダが挙げられますが、どのような違いがあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。今回はバルコニーとベランダの違いや利用前の注意点について解説するので、ぜひ参考にしてください。

バルコニーにはさまざまな種類がある

分譲マンションなどには屋外スペースも設置されています。屋外空間は通常バルコニーやベランダと呼ばれることが多いですが、その他にも、テラスやデッキ、ルーフバルコニーなどと呼ばれることもあります。バルコニーにはさまざまな種類があり、何がどのように違うのかわからない人も多いことでしょう。

分譲マンションの購入価格は室内部分はもちろんのこと、バルコニーなどの屋外スペースも含めた購入価格となっています。

また、屋外スペースは生活満足度にも影響するので、自分に合った屋外スペースを選ぶためにもバルコニーの種類について把握しておくことをおすすめします。当記事ではバルコニーとベランダの違いについて、解説していきます。

バルコニーとベランダの違いとは

分譲マンションにおけるバルコニーとベランダは屋外空間としてよく聞く言葉で、同義語のように勘違いしがちですが、それぞれに特徴があります。バルコニーとベランダのそれぞれの特徴と両者の違いについてみていきましょう。

バルコニーの特徴

バルコニーは、分譲マンションなどの建物の構造部分から出ている小さなテラスのようなスペースを指します。基本的には2階以上に設けられており、壁や柵などで囲まれていますが、屋根で覆われていません。1階にある屋外空間はバルコニーと呼ばれるのではなく、テラスと呼ばれることが一般的です。

ベランダの特徴

バルコニーと比べて賃貸マンションやアパートで多いのがベランダです。バルコニーと異なり、1階にも設けられており、階数や広さに関係なく、屋根で覆われている空間はベランダと呼ばれています。

バルコニーとベランダの違いは?

ベランダとバルコニーの大きな違いは、屋根で覆われているかどうかです。通常の建物において、ベランダには屋根があり、洗濯物を干す場所として使うスペースが確保されています。

一方、バルコニーは屋根が設けられていませんが、ベランダと比べてゆとりのある広い空間となるため、イスに座ってくつろげるようになっています。以上を踏まえるとスペースの広い方がバルコニー、狭い方がベランダと考える人もいるかもしれませんが、広さによる違いはありません。

スペースが広くても屋根があればベランダとなり、反対に狭いスペースであっても屋根がなければバルコニーとなります。

バルコニー・ベランダなどの屋外スペースで確認すべきこと

バルコニーやベランダは、一般的には居住者専用部分となっていますが、管理規則上は共有スペースとなっている物件もあります。バルコニーやベランダは自分の思う通りに使えるというわけではありませんので、ルールを守って使用するために注意すべき点について解説します。

共用or専用スペースの確認

最初に確認したいのは、バルコニーやベランダが共用スペースか専用スペースであるかです。共用スペースの場合、使用する権利が与えられていたとしても、洗濯物を干すなどの生活上必要な用途以外は制限されていることもあります。

一方、専用スペースの場合は、使用に関する自由度が高いことから、たとえば家庭菜園を楽しむことが可能です。もし、分譲マンションで過ごすうえで、バルコニーやベランダも楽しみたいと考えている場合は、事前に共用スペースか専用スペースかをチェックしておきましょう。

禁止事項の確認

バルコニーやベランダは共用か専用スペースかで許可される内容と範囲が異なりますが、専用スペースであっても、いくつかの禁止事項が定められていることがあります。定められている禁止事項は、一般的に常識的であることがほとんどですが、自分で大丈夫と考えることが禁止されていることもあります。

禁止事項の例として挙げられるのは、通路を妨げるものや大きな観葉植物の設置、無許可での改修、BBQなどの発火の可能性があること、異臭や騒音、振動を引き起こすようなもの、その他にも音響設備やアンテナ、照明機器の設置などの制限が挙げられます。

専用スペースであっても他の住人に迷惑がかからないよう、多くの物件で禁止事項が定められているため、バルコニーやベランダに関する利用規約はよくチェックしておくことが大切です。

まとめ

今回は分譲マンションによくあるバルコニーとベランダの違いについて解説しました。バルコニーには、ループバルコニーやテラスなどのさまざまな種類がありますが、最大限使いこなせるようにそれぞれの違いを理解しておくことが大切です。

バルコニーとベランダの大きな違いは屋根があるかどうかで、空間の広さは関係ありません。分譲マンションの購入時には、バルコニーやベランダの屋外スペースについて、共用か専用スペースのどちらであるのか、契約事項の禁止事項の確認をすると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

会社名 株式会社三ツ矢不動産 住所 〒805-0002 福岡県北九州市八幡東区枝光1丁目4-11 電話番号 093-663-1551 新築・中古物件・分譲マンションの購入を検討している場合や
続きを読む
分譲マンションの鍵交換には、慎重さが必要です。本記事では、鍵交換と紛失時の注意点を解説し、適切な対応を紹介します。さらに、鍵交換のポイントや鍵にまつわる疑問についても解決していきます。大切な
続きを読む
分譲マンションを買う際、日当たりのよさは住環境に大きな影響を与えるため考慮すべきです。南向きのマンションがよいと一般的にはいわれるものの、実際にはさまざまな要因を考慮する必要があります。この
続きを読む