北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

ひとり暮らしの方はマンション購入がおすすめ!メリットと注意点を解説

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/10/23

ひとり暮らしの住まいとして多くの人がイメージするのは賃貸アパートですが、近年ではマンションを購入する人が増えています。マンションの購入には、賃貸アパートにはないメリットが数多くあります。今回はひとり暮らしでマンションを購入することのメリットに加え、押さえておくべき注意点についても解説します。

ひとり暮らしの方はマンションを購入すべき?

「マンション購入」と聞くと家族のマイホームとして購入するというイメージをもつ人が多いですが、近年では、新築マンション・中古マンションを問わず、ひとり暮らしでマンションを購入する人が増加しています。

マンション1棟におけるひとり暮らし世帯の割合は物件によっても異なりますが、分譲マンションの購入者の1割以上、多ければ3割程度はひとり暮らしのシングル世帯であるのが現状です

マンションは数千万円単位の大きな買い物であるため、ひとり暮らし世帯では躊躇してしまう人も少なくありませんが、マンション購入のメリットは数多くあります。

また、購入時は基本的に住宅ローンを組んで返済することになるため、アパート暮らしで必要となる家賃額と住宅ローンの月々の返済額がほとんど変わらないというケースもあります

実際にどの程度収入があればマンション購入を検討できるかは物件の規模や貯蓄額・頭金の額にもよって異なるものの、大まかな目安として年収350万円以上であれば購入できると考えておきましょう。

ひとり暮らしに最適な選択肢!マンション購入のメリット

ひとり暮らしのマンション購入には、さまざまなメリットがあります。購入を迷っている人は、メリットを把握した上でじっくりと検討してください。ここでは、ひとり暮らしのマンション購入のメリットについて詳しく解説します。

アパート暮らしの家賃と変わらない金額で資産を持てる

住宅ローンを組んでマンションを購入した場合、月々の負担は賃貸アパートの毎月の家賃額とほとんど変わらないケースが多いです。アパートはあくまで他人の資産であるため解約すればそれまでですが、家賃にかけるお金でマンションを購入すれば、毎月の出費を増やすことなく自分の資産を得ることが可能です

当然、頭金を入れずに住宅ローンを組む場合でも各種手数料・税金などの費用負担はありますが、購入にかかる諸費用を考慮してもメリットは大きいといえます。

老後も長く暮らし続けられる

若いうちは安定した収入を得ていても、定年退職後は再就職した場合でも収入が減ってしまうのが一般的です。しかし、賃貸アパートに住み続ける以上、年齢に関係なく家賃を払い続けなければなりません。

マンションを購入しておけば、住宅ローンの返済後は家賃のような月々の負担がなくなります。老後も安心して暮らし続けられる物件を所有していることは、精神的・経済的な安心につながるでしょう。

日々の暮らしが便利・豊かになる

一般的に、マンションは賃貸アパートよりも設備が充実しています。浴室乾燥機や食洗機などの設備はもちろん、24時間いつでもゴミ出しが可能なスペースが用意されていたり、宅配ボックスが完備されていたりするマンションが多いため、日々の暮らしが便利・豊かになるでしょう。

セキュリティが充実している

マンションはセキュリティ対策にも力を入れているため、オートロックはもちろん、警備会社との連携やダブルロックなど、防犯面において非常に優れています

購入後何十年と長く暮らすことを考えると、セキュリティが高く安心して過ごせることは重要な要素のひとつです。

ひとり暮らしの未来を考える!マンション購入時の注意点

ひとり暮らしのマンション購入にはさまざまなメリットがある一方で、押さえておくべきデメリットもあるため、メリットと合わせて十分に把握しておくことが必要です。

以下では、ひとり暮らしでマンションを購入する場合の注意点を紹介します。

間取りとライフスタイルがマッチしなくなる可能性がある

ひとり暮らしでマンションを購入する場合、部屋数が少ない間取りタイプを選択する人が多いです。結婚・出産などのライフスタイルの変化によって部屋数が足りなくなると、ファミリータイプの間取りに引っ越さなければならない可能性もあるでしょう。

引っ越しがしにくい

マンション内での住人トラブルや転勤などで引っ越しが必要となった場合は、マンションを売却することになります。賃貸アパートのように簡単に引っ越すことが難しく、手続きに手間と時間を要することを頭に入れておきましょう

失業・病気で住宅ローンの支払いが滞る場合も

失業・病気などで働けなくなったとき、ある程度の貯蓄がなければ住宅ローンの返済が滞ってしまう可能性があります。ローンの支払いができなければ、最悪の場合マンションを手放すことになります。

万が一に備えて、まとまった貯蓄を用意しておく、もしくは保険に加入しておくなどの対策も検討しましょう

まとめ

今回は、ひとり暮らしでマンションを購入することのメリットや注意点などを詳しく解説しました。マンションを購入すれば、賃貸アパートの家賃と変わらない負担で自分の資産を持つことが可能です。また、マンションならではの機能性の高さや設備の充実度で、日々の生活が便利になり、豊かになるでしょう。注意点として、ひとり暮らし用の部屋数が少ない間取りで購入を決めると、結婚・出産後に引っ越しが必要となる可能性があります。さらに、引っ越しの際は基本的に売却しなければならないため気軽に手放すのは難しく、手続きに手間や時間を要することも頭に入れておかなければなりません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

親子で二世帯住宅の購入を検討している人は、一軒家はもちろん、マンションでの二世帯暮らしを選択肢に入れるのもおすすめです。二世帯マンションにはさまざまなスタイルがあるため、自分たちに合った暮ら
続きを読む
ひとり暮らしの住まいとして多くの人がイメージするのは賃貸アパートですが、近年ではマンションを購入する人が増えています。マンションの購入には、賃貸アパートにはないメリットが数多くあります。今回
続きを読む
賃貸で毎月家賃を払うより、分譲マンションを購入した方が、毎月の支払いが安く収まると考えている人も多いのではないでしょうか?近年では、新築マンションを中心に価格が高騰しており、中古マンションが
続きを読む
新築分譲マンションコラム