北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

マンションでトラブルが起きたら!?よくあるトラブル事例と解決策

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/04


念願だったマンションを購入、ワクワクして新生活をスタートさせたら思わぬトラブルが起きてしまったということもありがちです。マンションによくあるトラブル、マンションならではのトラブルが起こってしまった時はどうするべきか?今回は、トラブルの事例とその解決策について解説していきます。しっかりチェックして、対策をとりましょう。

騒音トラブル

マンションでもっともトラブルになりやすいのは「騒音」、生活音の問題です。マンションで起こるトラブルの半数近くが生活音に関することだといいますが、どのような「音」が問題になるのでしょうか?

・子どもの足音、騒ぎ声
・楽器の演奏
・深夜や早朝の掃除機などの騒音
・ペットの声
・イスなど家具を移動する音

などが挙げられますが、自分では大したことはないと思うような音でも、階下や隣には響いて苦痛を訴えられることもあります。運悪く、人一倍神経質な人が隣人である場合には、部屋を移動するのもビクビクし、ノイローゼになってしまう人もいるといいます。

また、自分や家族が他の住人に迷惑をかける音だけでなく、周囲から聞こえてくる騒音にも悩まされることも多いものです。それでは、そのような騒音トラブルを避けるためにできる解決策を見ていきましょう。

■入居前にできる対策

入居前にできる騒音対策として、防音性の高い物件を選ぶことが挙げられます。鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)なら、一般的な木造や鉄骨造りの物件よりも防音性が高く、周囲へ音が響くのを抑えることが可能です。

■入居後にできる対策

階下への騒音を防ぐために、フローリングの上に厚手のカーペットや、防音用マットを敷くことで効果が期待できます。また、ベッドやソファを壁から離して設置するなど、配置を工夫することで隣からの音が気にならなくなったり、壁に背の高い家具を設置して自宅の生活音を遮断したりすることもできます。窓から屋外の音が気になる時は、防音シートを貼ったりサッシの隙間をテープで埋めたり、防音効果のあるカーテンなどを使ったりすることもおすすめです。

また、入居時に近隣への挨拶回りをちゃんと行うことも、騒音トラブルを防止することに役立ちます。騒音トラブルは、実際にはそれほどひどくない音でも、感情的になることでトラブルに発展することも多いものです。子どもがいる家庭ならとくに、迷惑かけるかもしれないことを伝えておくようにしましょう。もちろん、深夜や早朝などに大きな音を立てるなど、非常識な行動は絶対にNGです。

駐車場・駐輪場トラブル

マンションでは駐車場や駐輪場のトラブルも起こりがちです。どのようなトラブルがあるのか、その解決策も紹介します。

■無断駐車・はみ出し駐車

駐車場のスペースはそれぞれ割り振られているのに、無断でウチの駐車場に駐車している車がある、そのようなトラブルも多いようです。このような場合、違法駐車だからと警察に連絡しても対応してくれることはありません。マンションの駐車場は公道ではなく、私有地内にあるので民事不介入、レッカーで移動を依頼しても無理な話です。

また、キーが付いているからと、自分で移動させるのはNG、その車に傷をつけてしまったら損害賠償を請求される恐れがあります。ベストな解決方法としては管理会社に連絡すること、連絡する前に違法駐車している車のナンバー、車種、色などの特徴と、違法駐車を確認した日時などを伝えるようにします。また、はみ出し駐車や車に傷をつけられた時も、管理会社に連絡・相談するようにしてください。

■車上荒らし

こちらは犯罪なのですぐに警察に通報します。車上荒らしの被害に遭わないために、対策としてわずかな間車を離れる時にも必ずロックし、必要ならカーセキュリティやスモークフィルムなどの活用もしましょう。

近隣・隣人トラブル

マンションでよくある近隣・隣人トラブル、そしてその解決策について説明します。

■騒音・生活音

上記でも説明しましたが、最も多いトラブルが騒音・生活音です。

■ゴミの出し方

ゴミの出し方は自治体によって異なることが多く、引っ越してきた人が出し方や分別を守らずトラブルになることもあります。

■マンションの共用部分の使い方

通路や駐輪場などは、マンションの住人が共用で使用するスペースですが、そのような共用スペースに自分の持ち物などを置くなど、迷惑をかけてトラブルになることも多いようです。

■タバコのマナー

室内では禁煙だからと、ベランダで喫煙し隣人に迷惑をかけることも多いようです。煙が室内に入るだけでなく、吸い殻のポイ捨てなども問題になることがあります。

 

これらの他にも、マンションで起こりがちな近隣・隣人トラブルはありますが、どのように対処すればいいのでしょうか?

■直談判

迷惑していることを直接伝えるということですが、これは必ず効果があるというわけではなく、むしろさらなるトラブルを引き起こす可能性もあります。相手が逆上したり、後になって嫌がらせを受けたりすることもあるので、あまりおすすめできる解決方法とはいえないでしょう。

■管理会社や自治体に相談

マンションでのトラブルは、まず管理会社に相談してみるのがおすすめです。すべてのトラブルに対応してくれるとは限らないのですが、ほとんどのマンションでは管理会社が住人の間のトラブルに対応してくれるものです。管理会社に相談する以外では、自治体に相談するという方法もあります。ただし、自治体もすべてのトラブルに対応できるわけではなく、「解決」するというよりも、相談に対しての「助言」で終わることもあります。

■最終的には警察や弁護士に依頼

管理会社や自治体でも改善できないなら、警察や弁護に相談することで法的な措置をとってもらえることが期待できます。ただ、警察への相談は、いきなり110番に通報するのではなく、まず「警察相談専用電話#9110」に電話してみてください。基本的に、警察は事件性がなければ動いてはくれませんが、こちらの警察相談専用電話なら相談に応じてくれるでしょう。

 

マンションでのトラブルは、事前に防ぐことも可能です。まず、自分がトラブルの原因を作らないこと、騒音対策などできる対策をしておくこと、そして入居時にきちんと挨拶回りすることも忘れてはいけません。物件を購入する際に、トラブルが起こる可能性があるかどうか、きちんと調べておくことも大切でしょう。もしトラブルが起こったら、まずマンションの管理会社に連絡するのがおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

賃貸物件にいくら支払っても、その物件が自分のものになることはありません。一方マンションを購入し、家賃として支払っていたお金をローンにあてることで老後の住まいを確保できます。資産形成に関心を持
続きを読む
分譲マンションの購入を検討する際、高層のタワーマンションに憧れる人もいることでしょう。タワーマンションの高層階は通常の分譲マンションでは味わえない魅力があるため、高い人気を誇ります。今回はタ
続きを読む
住宅の購入時に、資産価値を重視して購入する人が増えてきています。同じ住宅に住み続けるのではなく、ライフスタイルや家族の人数の変化に合わせて転居することを踏まえると、売却時に高く売れた方がよい
続きを読む