北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

【まとめ】マンションを購入したらやるべきこと

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/04


マンションの購入はかなりのお金と労力が必要になるもの、ようやくマンションを手に入れることができたら、ホッとして気が抜けてしまうかもしれません。しかし、購入後もまだまだやるべきことがあるので、もうひと頑張りが必要です。マンションを購入したらやるべきことについて、詳しく解説していきましょう。チェックしてみてくださいね。

購入時にすべきこと

マンション購入時にすべきことについて説明します。

■オプションの追加

こちらはまだ完成していない新築マンションの場合になりますが、住宅設備機器の追加やグレードアップを希望するなら、このタイミングでオプション工事の追加を依頼しましょう。

■カラーセレクト

この場合もまだ完成していないマンションになりますが、フローリングや建具、壁、キッチン、浴室など設備の画材面の選択を希望する場合、好みのものを選択します。

■入居説明会の参加

入居にあたり、不動産会社の営業担当者から以下のような説明を受ける「入居説明会」が開かれます。

・内覧会の日時の確認
・内覧会の流れ、注意事項など
・当日の持ち物
・現地まで車で行く場合の駐車位置など

■引っ越し業者への依頼

マンションだけでなく、家財や衣類、自分にとって必要な保管しておくものなど、すべてを新調するのなら引っ越しの必要もありませんが、そういう人はほぼいないはずです。古い住居から購入したマンションへの引っ越しが必要で、そのための引っ越し業者への依頼はなるべく早く行うことが大切でしょう。引っ越す間際になって依頼すれば、都合のよい日にお願いできない可能性があるうえ、前の住居の退去日になっても引っ越しできないという事態は避けたいものです。

入居までに用意しておきたいもの

マンション購入時から入居までの、1ヶ月間程度で準備しておきたいものについて説明します。

■照明機器の購入

あらかじめ各所に照明が設置されているマンションなら購入する必要はありませんが、賃貸マンションとは違い玄関やトイレ、浴室、リビングなど、分譲マンションには基本的に照明機器がついていない場合がほとんどです。そのため、必要な照明機器は自分で購入しておかなければなりません。埋め込み式の照明なら器具がついていますが、電球は自分で購入しなければならないうえ、マンション購入時にはどのような照明器具が必要なのか、きちんとチェックしておくようにしましょう。

■カーテンの購入

意外と忘れやすいのがカーテンの準備、これがないと外から丸見えになりプライバシーが守れないうえ、落ち着いて生活できないはずです。既製品ではサイズが合わない可能性もあり、好みのデザインもなかなか見つからないかもしれないので、特注になることも多いでしょう。注文すれば納品までに時間がかかるため、カーテンも早めに発注しておくことをおすすめします。

■家電製品や家具の購入

大型の家電製品や家具は、購入してから設置するスペースがないと気がついたり、不自然な配置になったりして後悔してしまうこともあります。気に入ったから、前から欲しかったというだけで決めることがないように、サイズをちゃんと確認してから購入するようにしましょう。

入居までに済ませておきたい手続き

マンションの入居までに、済ませておきたい手続きについて説明します。

■転居前・転居先での手続き

転居前の住まいが賃貸の場合、マンション購入が決まったら早めに解約を申し入れます。また、転居前の住所で駐車場を契約している場合も、解約手続きが必要になります。転居先での手続きとして、新しく契約する駐車場の申し込み手続きや、転居先の管理組合への手続きも必要でしょう。

■光熱費、電話、ネット回線に関する手続き

電気、ガス、水道などの光熱費の契約や引き落とし、解約の手続きも行います。電話やネット回線の手続きも忘れずに、契約先に問い合わせて手続きを行いましょう。

■市町村役場もしくは区役所での手続き

転出・転入届、マイナンバー、国民健康保険の住所変更、印鑑登録の住所変更、保育園や幼稚園の手続きなど、できれば引っ越しの2週間前くらいまでに済ませておくのがベストです。

■銀行、郵便局での手続き

銀行の住所変更、郵便局への転送手続き、クレジットカードの住所変更など行います。郵便局での転送手続きを行うことで、旧住所宛になっている郵便物も1年間無料で新居に届けてくれます。

■勤務先の手続き

勤務先への住所変更届、通勤定期変更申請などを行います。

■保険の手続き

各種保険の住所変更、現火災保険の解約などを行います。

■新聞、NHK、定期購読などの手続き

新聞、NHKの住所変更、定期購読など、定期的に送られてきたものの住所変更も必要になります。

また、手続きではありませんが、現住所での引っ越しの挨拶や新居での挨拶回りは入居前に済ませておきましょう。新居ではマンションのオーナー、部屋の両隣、下の階に住む方などにあいさつに回りますが、引っ越しでバタバタすることを考えて、入居後よりも入居前に済ませておく方がよいでしょう。

 

マンションを購入したら、やるべきことは結構多いので大変かもしれませんが、必要なことですから一つひとつ確実に片付けていきましょう。各種手続きは印鑑や証明書、書類など必要になることもあるので、何が必要でいつまでに手続きをすればいいのか、事前に調べておくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

賃貸物件にいくら支払っても、その物件が自分のものになることはありません。一方マンションを購入し、家賃として支払っていたお金をローンにあてることで老後の住まいを確保できます。資産形成に関心を持
続きを読む
分譲マンションの購入を検討する際、高層のタワーマンションに憧れる人もいることでしょう。タワーマンションの高層階は通常の分譲マンションでは味わえない魅力があるため、高い人気を誇ります。今回はタ
続きを読む
住宅の購入時に、資産価値を重視して購入する人が増えてきています。同じ住宅に住み続けるのではなく、ライフスタイルや家族の人数の変化に合わせて転居することを踏まえると、売却時に高く売れた方がよい
続きを読む