北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

資産価値の高い分譲マンションを選ぼう!価値が下がらない物件の見分け方とは   

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/04/24

マンション

分譲マンションを購入する時に資産価値を重視すべきかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか。物件の資産価値は将来的に変動していくもので、価値が下がらない物件の見分け方にはポイントがいくつかあります。今回は資産価値の高い分譲マンションを選ぶべき理由や価値が下がらない物件の見分け方について解説します。

分譲マンションの資産価値とは?購入前に重視すべき?

マンションの資産価値は、売却時の価格と貸出時の家賃収入の高さが大きな基準となります。売却しても賃貸としても高い価値を持つマンションもあれば、どちらか一方が優れている場合もあります。

また、分譲マンションの資産価値については金銭的価値のみならず、すぐに取引ができるかどうかも重要なポイントとなります。新しい分譲マンションを買う場合は資産価値を重視し、すでに所有している物件であれば、現在の資産価値を正しく理解しておくことが大切です。

資産価値を重視すべき理由とは

売却や賃貸の予定がないというのなら、資産価値は気にする必要がないと考える人もいるかもしれません。分譲マンションを選ぶ際に、永住することで売却や賃貸を想定していない人にとって、資産価値を重視しなければならない理由はあるのでしょうか。

結論からいくと、分譲マンションに永住するしないにかかわらず、購入前に資産価値も考慮しておくべきです。理由としては将来については不確定事項が多く、誰にも買う本人でも分かりません。

住宅ローンの支払いや諸費用など、実際の価格より多くの費用を払わなければなりませんが、価値の低いマンションを売った場合、数百万〜数千万円規模の損失を出す可能性があります。

多くの一般的な家庭にとってかなり大きな損失になり、その後の生活にも影響を与えかねません。また老後の選択肢としてリバースモーゲージがありますが、金融機関は担保をとるため、高い価値を持つ物件でなければ活用できません。

さまざまな選択肢を得るためには、マンションを購入する前に資産価値をしっかり考慮することが重要となります。

マンションの資産価値を高める条件とは

実際に資産価値の高いマンションを選ぶためには、資産価値が高まる条件を押さえておく必要があります。マンションの資産価値を高める条件について、以下のとおり、いくつか紹介します。

人気があるエリア

不動産の価格は需要と供給のバランスによって決まります。人口が減らないか増加するエリアは需要も変わりません。そのため、人気のエリアでは土地価格が下がりにくい傾向にあります。注意すべき点としては、購入を希望するターゲット層が増加しているかどうかに注目することです。

たとえば、高齢者が増えていても住宅購入を検討する子育て世代が減っていると需要減が見込まれます。

駅チカ物件

駅チカ物件は需要の高さから、資産価値を高める条件となりえます。分譲マンションを賃貸として貸し出した場合に、駅チカ物件は借り手が付きやすいことから資産価値が高まります。

駅から歩いて10分以内のマンションは資産価値の高さが期待でき、特に駅から歩いて1分以内や駅に直結するマンションは、資産価値が落ちにくいと考えられます。

見晴らしと日当たりも重要

エリアや駅チカといった条件も大事ですが、見晴らしの良さや日当たりが良いことも、生活者の心を豊かにするため重要となります。たとえば物件の前に公園があることで、将来にわたって日当たりと見晴らしの良さが保証されるようなマンションは高い価値が続く可能性が高いです。

また住居の方角として、南、西、東、北の順で人気が低くなる傾向があり、南向きの住居や角部屋で2面採光ができるマンション、海や山が見えるマンションは人気があります。

マンションの資産価値を調べる方法はある?

資産価値の高い条件についてみてきましたが、具体的な資産価値を調べる方法があるのか気になる人もいることでしょう。マンションの資産価値を算出する方法としては、マンション物件の価値と土地の価値を調査する方法があります。

算出方法の指標として、固定資産税評価額、実勢価格、公示価格、路線価の4つが挙げられます。固定資産税評価額は固定資産税の支払いに使われますが、固定資産税額が高いほど資産価値も高いことになります。

実勢価格は過去の取引価格を示し、次に紹介する公示価格より高いこともありますが、取引する時期によって変動します。公示価格は不動産鑑定士による土地価格の結果ですが、条件の良いマンションを所有する場合には資産価値も高くなります。

路線価はマンションの相続税や贈与税の計算に使われますが、道路の形や位置によって資産価値が変動します。

まとめ

今回は資産価値の高い分譲マンションを選ぶべき理由と、価値が下がらない物件の見分け方について解説しました。分譲マンションを永住すると決めて購入する人もいるかもしれませんが、将来どうなるかは予測ができません。

将来的に売却や賃貸として貸し出す際に損失が出ないように、分譲マンションの資産価値は購入前に重視すべきです。マンションの資産価値を高める条件として、人気があるエリアや駅近物件、眺望と日当たりなどがあげられます。

マンションの資産価値は固定資産税評価額、実勢価格、公示価格、路線価といった地表から算出して調べることが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

親子で二世帯住宅の購入を検討している人は、一軒家はもちろん、マンションでの二世帯暮らしを選択肢に入れるのもおすすめです。二世帯マンションにはさまざまなスタイルがあるため、自分たちに合った暮ら
続きを読む
ひとり暮らしの住まいとして多くの人がイメージするのは賃貸アパートですが、近年ではマンションを購入する人が増えています。マンションの購入には、賃貸アパートにはないメリットが数多くあります。今回
続きを読む
賃貸で毎月家賃を払うより、分譲マンションを購入した方が、毎月の支払いが安く収まると考えている人も多いのではないでしょうか?近年では、新築マンションを中心に価格が高騰しており、中古マンションが
続きを読む
新築分譲マンションコラム