北九州市で分譲マンションの購入を検討している方必見!おすすめの不動産をランキング形式でご紹介!

マンションに入居したらすぐにやるべきこととは?

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/04


マンションを購入し無事に入居できた後も、まだやらなければならないことはいろいろとあるものです。引っ越すまでに忙しく動き回りホッと一息つきたいところですが、期限のある手続きなどもあるため、入居後すぐにとりかかるべきでしょう。今回は、どのようなことをやるべきなのか、詳しく紹介します。チェックしてみてくださいね。

近隣の部屋に引越しの挨拶を済ませよう!

マンションは一軒家とは違い、気を遣っているつもりでも生活音などでトラブルになる可能性があります。そのため、引っ越しの際には近隣の部屋への挨拶は必ず行うことが重要、入居したらすぐにマンションのオーナーや近隣住民への挨拶回りをしましょう。

■引っ越しの挨拶に伺うタイミングは?

可能なら、引っ越しの前日に挨拶回りするのが望ましいといわれています。その理由は、引っ越しの荷物を運んでくるトラックが道路をふさぐことになったり、荷物の搬入や騒音を立てたりするなどマンションの住民に迷惑をかけてしまいがちだからです。

前日に挨拶に回るのが難しければ、搬入作業が始まる前に近隣へ簡単に声をかけておき、引っ越し作業が済んだ後であらためて挨拶に伺ってもいいでしょう。きちんとした挨拶回りをする場合、時間は早朝や夜を避け日中に伺うようにします。午前中はバタバタしているお宅も多いと思うので、正午から夕方頃がおすすめです。

■引っ越しの挨拶回りをする範囲は?

マンションの場合なら、最低でもマンションのオーナーと両隣のお宅、そして下の階に住む方への挨拶は行うべきです。また、上に階に住む方へも挨拶に回ることで、下の階に引っ越してきたことを知らせるだけでなく、生活音などの配慮をそれとなくお願いすることにもなります。挨拶に伺っても留守で、その後23回訪ねてみても不在という場合なら、挨拶文を書いた手紙をポストか郵便受けに入れておくようにしましょう。

住民票や免許証などの住所変更の手続きをしよう!

引っ越しに伴い住所も変わるので、住所変更の手続きも行わなければなりません。

■市区町村の役所で行う手続き

役所で行う住所手続きには、次のようなものがあります。

・転居届(同一市区町村内での引っ越しの場合)
・転出・転入届(他市区町村へ引っ越す場合)
・マイナンバー
・国民健康保険・国民年金(該当者のみ)
・印鑑登録(該当者のみ)
・児童手当(該当者のみ)
・犬の登録(該当者のみ)

■運転免許証

住所変さらによる記載事項変更手続きが必要になるので、新しい住所を管轄する警察署、あるいは運転免許更新センターや運転免許試験場の窓口で手続きを行います。

■銀行やクレジット会社などの住所変更の申請

利用している銀行などの金融機関、クレジット会社にも住所変更の申請を行います。

■会社の健康保険・厚生年金の住所変更手続き

会社に勤務している人なら、健康保険や厚生年金の住所変更手続きが必要になります。

■通販サイトの住所変更手続き

通販サイトに登録しているなら、設定されている届け先の住所を変更する必要があります。変更せずいつものように注文してしまうと、旧住所に配達されてしまうため、購入する時まで変更を保留するのではなく、入居したらすぐに変更手続きをしてしまいましょう。

各種ライフラインや知人にも転居を知らせよう

住所が変わることで、電気やガス、水道といったライフラインの切り替え手続きも必要になります。これらは実際に住み始める前に手続きを行うことが重要ですが、新住所だけでなく旧住所を管轄する自治体や、電気会社、ガス会社それぞれに連絡し、手続きをしてください。

インターネットを利用する家庭なら、インターネット回線を開通させる工事が必要になります。引っ越しのタイミングで利用したいなら、早めに手続きをしておきましょう。また、最近は携帯電話のみ利用し、固定電話はほとんど利用しなくなったという人も多いですが、固定電話を契約しており移設を希望、あるいは新しく契約したいなら、こちらも入居後すぐに依頼するようにしましょう。

■知人にも忘れず転居を知らせよう

携帯電話の普及でいつでも知らせることができると、知人への転居の知らせもつい後回しになるかもしれません。親しくしていたのに引っ越したことをまったく知らなかった、これは少なからずショックを受けるものでしょう。電話でも大丈夫なので、知人に引っ越したことは報告すべき、もし毎年年賀状のやりとりをしている知人なら、転居したことと忘れずに住所もしっかりと伝えるようにしましょう。

■会社の上司にも転居を伝える

会社に勤務しているなら、勤め先の総務や人事部に住所が変わったことを伝え、必要な手続きを行わなければなりません。通勤ルート・手段が変さらになれば、通勤手当なども変更する場合があるからです。また、会社での手続きが必要で住所が変さらになったことを伝えるだけでなく、直属の上司にも転居したことは報告しておくことをおすすめします。

 

マンションの購入・引っ越しは大仕事、入居したら安心してしまうかもしれませんが、まだやるべきことは多いため気が抜けません。この先新居で快適に暮らすためにも、必要な手続きはきちんと行ってください。また、近隣住民とよい関係を築くことも大切なので、入居時の挨拶回りもちゃんと行うようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

賃貸物件にいくら支払っても、その物件が自分のものになることはありません。一方マンションを購入し、家賃として支払っていたお金をローンにあてることで老後の住まいを確保できます。資産形成に関心を持
続きを読む
分譲マンションの購入を検討する際、高層のタワーマンションに憧れる人もいることでしょう。タワーマンションの高層階は通常の分譲マンションでは味わえない魅力があるため、高い人気を誇ります。今回はタ
続きを読む
住宅の購入時に、資産価値を重視して購入する人が増えてきています。同じ住宅に住み続けるのではなく、ライフスタイルや家族の人数の変化に合わせて転居することを踏まえると、売却時に高く売れた方がよい
続きを読む